×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

htmlとxhtmlの違い

トップページ / htmlとxhtmlの違い
広告欄

htmlとxhtmlの違い

ホームページでは主にhtmlとxhtmlという言語が用いられます。

どちらを使った方が良いか、ですが、
htmlを最初に学んで、後でxhtmlを学ぶ方がこれから始める方は入りやすいと思います。

ちなみに当サイトはxhtmlに初挑戦したサイトで、
(そもそもサイト作りがまだ3つ目ですが)
私の個人的な印象から言うと、
htmlでずっと書いていて「xhtmlにも挑戦してみようかな」と思っても、
その特徴からなかなか乗り換えられませんでした。
(というかそもそも乗り換える必要はなかったのですが個人的な興味で)

その特徴というのが記述の厳格化です。
htmlもxhtmlも記述する際のルールがありますが、
xhtmlはhtmlよりもより厳しいルールが使われています。
htmlの発展型とも言えますね。

例えば、
「タグ内の要素名や属性名は小文字を使わなければならない」とかそんなのです。
これ意外と慣れるまで辛いです(苦笑)
当サイトのような簡単でシンプルなサイトでも何度チェッカーを使った事か・・・。

自分のhtmlの知識の薄さを痛感させられました。
というか、私誰に教わった事もないんですよね。
htmlも見ながら調べながらじゃないと書けませんし。

他にも、
●XMLバージョンとドキュメント宣言を行う
●タグは省略できない
●属性値は必ず「""」で囲む
●空要素(meta等)は必ず「/」か終了タグで終える
●「<>&"」等と記号を書く時は必ず「&lt;&gt;&amp;&quot;」と記述する
●タグの順番は正確に
・・・等々の決め事があります。
htmlと同じように取ってかかると痛い目に遭うと思いわれます(苦笑)



特に「どちらを使えば良い」という事はありません。
自由に書きたいならhtmlを使えば良いですし、
正確に書きたいならxhtmlを使えば良いです。
(携帯向けサイトの場合はより厳格化したxhtmlの方が良いらしい)

前のページへ戻る
サイトマップはこちら
Copyright (C) 2012-20XX By SaruyaMichael all rights reserved.