×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

アフィリエイトをやろう

トップページ / アフィリエイトをやってみよう
広告欄

無料でアフィリエイトをやってみよう

アフィリエイトとは自分のホームページに会社の広告を貼って、
それによって報酬を得るものです。

報酬を得られる方法としては、
1.表示型
2.クリック型
3.成功型
などがあります。

1の表示型は、
サイトに貼られた広告が表示された回数によって報酬を得られるというものです。

表示回数で報酬が得られるので非常に簡単で、アクセス数が多いサイトでは有効なのですが、
報酬の単価が安いのが欠点です。

表示型単体ではいくらアクセス数があってもそれほど報酬は見込めませんので、
他の方法と組み合わせてアフィリエイトを行う必要があります。

2のクリック型は、
サイトに貼られた広告がクリックされる回数によって報酬を得られるというものです。

表示型よりも報酬の単価は高いのですが、
その広告を張っているだけでは訪問者はクリックしてくれませんので、
その広告をクリックさせるようなサイトを作る事が必要となります。

3の成功型は、
サイトに貼られた広告を通じてアクションが起こされた時に報酬が得られるというものです。
アクションというのは「商品の購入」「会員登録」「資料請求」等がこれに当たります。

こちらは単価は高いのですが、アクションがないと全く報酬を得られません。
クリック型よりも難易度が高く、それ専用のサイトを作った方が良いでしょう。
いかにその商品が魅力的かをサイトで宣伝する必要があり、センスが問われます。



これらは自分の好きな広告を選んで自分のサイトに貼る事で報酬を得ますが、
例えば自分の作った曲・動画・電子書籍など様々な媒体に広告を載せる事も可能です。
もっと行くと自分の作った商品を売るための広告・宣伝を他の人にやってもらう、
というような自分で自分の商品の広告を提供する事もできます。

ちなみに芸能人のように一般の人への影響力が大きいほど有名になると、
ブログを書くだけで即収入に繋げる事も可能です。
例えば芸能人はブログ運営会社と契約を結んでいる人が多く、
そういう場合は記事を書くだけでアクセス数に応じた収入に即結びつくでしょう。
広告も向こうから載せてとお願いされるようになるかもしれません。

中にはブログを書いた収入だけで数100万円の年収がある人もいるそうです。
ここは有名人の特権であり、一般の人のブログとは大きく異なる所ですね。
(明らかなステマ、収入目当ての記事も目につきますがw)



いずれにしろどんな方法も自分のサイトに広告を貼るだけで簡単にアフィリエイトを始める事ができます。

実際にアフィリエイトを始めるには銀行口座が必要になります。
高校生以上ならアルバイトなどで銀行口座を利用していますよね?
その銀行口座で構いません。

それと広告を貼るサイトですね。
アフィリエイトを利用する際にはASP(アフィリエイト・サービス・プロバイダ)に登録します。
その際に自分のサイトの審査がある場合があります。

審査はサイトのアクセス数や内容、
アフィリエイトを行なって会社にメリットがあるサイトかどうかを判断するものです。
その審査に通ればすぐにアフィリエイトを始める事ができます。
審査のないASPもあるので心配な方はそちらをオススメします。

アフィリエイトによる収入の量を上げたいのでしたら、
まずはアフィリエイトに特化した専用サイト構築、
そしてアクセスアップ/SEOをする必要があります。

上記でも言いましたが、
サイトの訪問者がその広告を通じてアクションを起こさせるようなサイトを作りましょう。
そういうサイトを「商用サイト(商品を売る事を主な目的にしたサイト)」と言います。
アフィリエイトではそういう専用サイトが必要です。

また、アクセス数がないサイトでアフィリエイトをやっても報酬は望めませんから、
アクセスアップ/SEOは必須となるでしょう。
もちろんアフィリエイトが目的でサイトを作っていない場合は、
そこまで躍起になってアクセスを増やそうとしなくても良いですが(笑)

ある程度収入が増えてきたら税金を払う必要が出てきますので忘れないように注意しましょう。
若い方が世帯主(親)に内緒でやっていてもここでバレてしまう可能性があります。
(アフィリエイトはお金を稼ぐ方法として邪道と考えている人も多いのでそれも注意)

いずれにしろ、アクセスの多いサイトでやらないのはもったいないと思います。
例えば審査無し・無料で登録できるA8.netがオススメです。
A8.net A8.net
是非この機会にアフィリエイトを始めて見ませんか?

前のページへ戻る
サイトマップはこちら
Copyright (C) 2012-20XX By SaruyaMichael all rights reserved.