×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

ドキュメント宣言をしよう

トップページ / ドキュメント宣言をしよう
広告欄

ドキュメント宣言は必ずしよう

※このページはある程度htmlの事を勉強してから見る事をオススメします。

ドキメント宣言とはhtmlで最初に書く記述の事で、言語の指定を行います。
基本的に<head>〜</head>の前に記述します。

例えばhtmlでしたら、

--ここから--
<!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN">
<html lang="ja-JP">
<head>〜</head>
<body>〜</body>
</html>
--ここまで--

こんな感じにするのが基本です。
<head>〜</head>については、
タイトルタグは必ず入れよう」や「メタタグを使おう」で解説していますのでそちらをご覧下さい。
<body>〜</body>の部分には本文を書きます。
<html>で開始したら</html>で閉じます。



他にxhtmlで記述する際のドキュメント宣言もあります。
当サイトはxhtmlで記述していますので参考にしていただければと思います。

--ここから--
<?xml version="1.0" encoding="Shift_JIS"?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml" xml:lang="ja" lang="ja">
<head>〜</head>
<body>〜</body>
</html>
--ここまで--

当サイトではこんな感じです。
この例ではバージョン1.0となっています。
xhtmlはバージョンによってドキュメント宣言も大きく異なります。
htmlもそうですが、特にxhtmlはその性質により、
バージョンが上がる毎に記述もより厳格化しますので、
当サイトでは便宜上1.0を使っています。
(「xhtmlとhtmlの違い」で少し解説しています)



このようにしてhtmlのドキュメントを宣言する必要があります。
宣言をしなくてもサイトは表示されない事もないのですが、
デザインが崩れたり、文字化けしたり、きちんと表示されない事があります。
ドキュメント宣言は必ずしましょう。
続いて→「タイトルタグは必ず入れよう

前のページへ戻る
サイトマップはこちら
Copyright (C) 2012-20XX By SaruyaMichael all rights reserved.